サプリメントと医薬品の違い


医薬品には、その効能が明確に示されていますが、サプリメントでは薬事法で効能は表示できません。


そして、医薬品にはその効能が実証されていますが、サプリメントでは実証されていません。


その他の違いを考えてみましょう。


その一つに「規格」があります。


医薬品には「規格」があり、原料がどのようにして製造され、どのような保管をされ、どのように販売されるかすべてに対してある一定の基準を満たしていなければ、世の中に出回ることはありません。


それはやはり医薬品には「確実に」特定の病気を治す!という明確な一つの目的があるから、病気や症状に直接働きかける対症療法で実力を発揮しなくてはならないからです。


ましてや、副作用などもある医薬品が、つくるたびに品質が違うということは絶対にあってはなりません。


そのため、永続的に同じ品質のものが製造できるよう、とくに厳しい規格を設けてあります。


一方で、サプリメントには明確な「規格」がありません。



それは医薬品のように特定の病気を「確実に」治すという目的ではなく、身体の調整機能を正常化したり、血液の循環をよくしたりと、もともと身体に備わっている自然治癒力をサポートし、結果的に血圧が下がったり、アレルギーが緩和されるという、あくまでも栄養補助食品というポジションに置かれているからです。


医薬品には規格が存在するので、その「効果・効能」についても明確ですし、販売においても効果を表示して販売されています。


一方、サプリメントは明確な規格がないことと、あくまでも食品であるということから、その「効果・効能」について、広告・宣伝で明確に述べることは薬事法で禁止されています。


次のポイントは「品質」です。


サプリメントは販売する上で効果・効能をうだってはいけない、逆に言ってしまうと、仮にいい加減なものをつくつても消費者には伝わりづらいということになります。


その結果、個々の製品間で品質に大きな差が出るということが起こってしまいます。


一方で、医薬品は規格を守り、効果・効能をうたった上で販売されなければならないものなので、品質で明らかに劣るものはありません。


サプリメントは、「規格」がないということ、「効果・効能」をうたってはいけないということから、メーカー側の都合で会社ごとの製品の品質に大きな差が出てしまうのです。


サプリメントはまず明確な基準を消費者である各個人が持つということ、そこさえぶれずに持っておけば、「がんを抑制する」などのうたい文句に惑わされたり、悲しい思いをすることはありません。


だからといって、サプリメントは怪しい、いかがわしいというわけではありません。


ホームページ1

ホームページ2



ネイル ケア

サプリメントと医薬品の違い