お肌は周期的に新しい細胞を生み出し、古い細胞を追い出しています。
従って、大人ニキビの造らせないニキビケアは、お肌の再生周期を整えるケアが大切です。


お肌に潤いのある人と、ゴツゴツとカサついたお肌の人との違いは、お肌の生まれ変わる周期が整っているか、いないのかによる事もあります。

お肌の生まれ変わる周期は一般にお肌のターンオーバーといわれ、大人ニキビができる大きな要素となっています。

生まれ変わる周期が乱れると、表皮が硬くなって毛穴が詰まりやすくなって洗顔しても、毛穴の奥にあるニキビ菌を洗い出し難くなり、ニキビはなかなかなおらないのです。

さて、お肌は表面の「角層」、その下の「表皮」、更に下に「基底膜」という層があって、お肌の「真皮」を覆っています。

それぞれの層は真皮から角層に生まれ変わり、基底膜では14日間、表皮で14日間、最後の角層で14日間で角層は剥がれ落ちます。

真皮から細胞が生まれて角層で剥がれ落ちるまでの周期は、一般に40〜50日といわれます。

お肌にアカが溜まるのは、角層で一生を終えてアカとなっているのです。

大人ニキビが出来る原因の一つが、この周期の乱れですから、お肌の生まれ変わる周期を整えることが、ニキビケアのポイントの一つです。

このターンオーバーは、加齢によってスピードダウンしますから、潤いがなくなり、年齢肌特有の、シワやタルミのあるお肌になっていきます。

ストレスや生活習慣の乱れでも、ターンオーバーの周期が乱れ、硬い角層が出来てニキビが出来易くなったりするので要注意といえるでしょう。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.gsrsummit.com/nikibi/tb.cgi/3

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー