活性酸素はお肌の老化を促進する


活性酸素とは、普通の酸素と比べて何らかの理由で電子が欠けてしまった、物質的に不安定な状態の酸素の事です。


そのため、電子をほかの物質から奪う反応を起こします。


相手の物質からすると「電子を奪われた」ことになり、その物質は「酸化」されたことになります。


さらに、この物質は別の物質から電子を奪う反応をすぐに起こします。


こうして次々と連鎖的に反応が続き、酸化がどんどん進みます。


このプロセスが身体の細胞レベルで生じると、細胞の電子が奪われて酸化され、細胞そのものやDNAが傷ついたり破壊されたりしてしまうのです。


他の物質から電子を奪う力がきわめて強い酸素、それが活性酸素といえますが、ひと口に活性酸素と言っても、その構造によっていろいろあります。



また、「抗酸化作用」というのは、ひと言で言えば「活性酸素」を除去する作用のことです。


ビタミンは、抗酸化作用があると注目され、エイジングケアの化粧品などで良く使われます。


活性酸素は肌や骨、血管、脳や各臓器など、体のあらゆる場所の細胞で発生し、酸化につながっていきます。


人間の身体は本来、酸化を食い止める仕組みを持っていますが、大量の活性酸素が体内で発生し、体内のシステムだけで細胞の酸化を防ぎきれなくなってしまうと、さまざまな身体のトラブルの原因になります。


日本人の死亡率の1位を占める「がん」も活性酸素による身体の酸化が原因の1つであることも最近わかってきました。


活性酸素で、DNA修復遺伝子が障害されると、がん化した遺伝子を正常に戻せなくなってしまうのです。


そして、活性酸素は病気だけではなく、美容にも大きな影響を及ぼします。


私たちの肌は、強い紫外線に当たると日焼けします。


日焼けは紫外線の強力なエネルギlによって皮膚が炎症を起こした状態で、言わばやけどの一種です。


肌が紫外線に当たると、細胞内から活性酸素を発生させます。


そのとき活性酸素から肌を守るために、肌の表皮にあるメラノサイトという細胞でメラニン色素という成分が生成され、このメラニン色素が、肌の細胞が酸化されるのを防ぎ、代わりに酸化されて黒くなるのです。


これが日焼けの仕組みです。


そして紫外線を浴びる量が多すぎたりすると色素がそのまま皮膚の表面に残ってしまい、しみやそばかす、くすみなどの原因になります。


また紫外線を繰り返し浴びると、肌が老化してシワやたるみの原因にもなります。


これは真皮を構成しているコラーゲンや、皮膚の弾力を保っているエラスチンという線維組織が酸化きれてしまった結果なのです。


ホームページ1

ホームページ2



トリートメントマスク

活性酸素はお肌の老化を促進する